概要

〇システム設計
近年様々なシステムが開発され使用されています。大規模な例として鉄道などの交通システム、小さなものとしては携帯電話などがありますが機能は複雑です。
これらのシステムの設計を直接個々の具体的な動作から始めることは困難なので、抽象度の高いレベルから設計が始められます。大規模LSIの分野でも同様で、これはシステムレベル設計と呼ばれています。システムレベル設計ではSystemCという言語が用いられます。

〇動的再構成可能アーキテクチャ
システムの動作中に機能を変更可能なデバイス(動的再構成可能アーキテクチャ)は、小さなハードウエアで大規模システムを実現できる可能性があり近年注目されています。
しかしこれらのシステムは従来のSystemCでは自然に設計することができません。

〇動的再構成可能システムの設計
我々の研究グループでは、従来のSystemCやハードウエア設計言語では設計できなかった動的再構成可能機能(Dynamic Module Library)を開発し、動的再構成可能アーキテクチャを含むシステム設計を可能にしました。
現在、提案手法を様々な動的再構成可能システムに適用し、その評価を行っています。

講座・グループ

研究カテゴリー

活動分野
システム設計
関連キーワード