基本情報

所属
コンピュータ・サイエンス部門 情報セキュリティ学講座
職位
上級准教授
E-Mail
nakamura@u-aizu.ac.jp
Webサイト
https://sites.google.com/site/uoanlab/

教育

担当科目 - 大学
L06 情報セキュリティL01 コンピュータリテラシーIL02 コンピュータリテラシーIIO3-043 オープンデータをハックしようO03-040 ソースコードリーディング - ネットワーク&セキュリティ編
担当科目 - 大学院
CSC01 情報セキュリティ

研究

研究分野
コンピュータセキュリティ、クラウドコンピューティング、データベース、オブジェクト指向分散システム、ネットワークプロトコル
略歴
- 2015年4月 ~ 現在:上級准教授、会津大学 コンピュータ理工学部
- 2001年4月 ~ 2015年3月:主任研究員、独立行政法人 産業技術総合研究所
- 2003年4月 ~ 2003年8月、2004年5月 ~ 2004年8月:非常勤講師、東京工科大学大学院
- 1999年4月 ~ 2000年3月:技官、通商産業省 機械情報産業局 電子機器課(併任)
- 1994年4月 ~ 2001年3月:主任研究員、通商産業省 工業技術院 電子技術総合研究所
現在の研究課題
ソフトウェア脆弱性管理の自動化, セキュリティ知識のモデル化と活用, Webの安全な利用
研究内容キーワード
ソフトウェア脆弱性, リスク評価, リンクト・オープンデータ (LOD), 認証/認可/アカウンティング (AAA), Webサービス, サービス指向アーキテクチャ (SOA), クラウドコンピューティング
所属学会
IEEE Computer Society, 情報処理学会

パーソナルデータ

趣味
映画鑑賞
子供時代の夢
大工になる
これからの目標
会津を自分のものにする
座右の銘
先のことはわからない
愛読書
手塚治虫作 『ブラック・ジャック』 ロバート・B・パーカー/著 『スペンサー』シリーズ
学生へのメッセージ
人と会い、本を読み、旅に出よ。そして映画を観よう。
その他
Pub: 産業競争力懇談会(COCN), 2016年度推進テーマ「IoT時代のプライバシーとイノベーションの両立」最終報告書[20170215: 中村, 阿部"

主な研究

情報セキュリティの研究

社会がITへの依存度を高めるにつれて、情報セキュリティの重要性がますます高まっています。 私たちは、暗号や秘密分散などの理論、自動車やセンサーなどのIoT、人間の活動も含めたセキュリティマネジメント、ビッグデータのプライバシーなど、情報セキュリティに関する幅広い研究を通じて、ITを安全に利用できる社会を目指します。

この研究を見る

主な著書・論文

  1. S. Kikuchi, A. Nakamura, D. Yoshino, "Evaluation on Information Model about Sensors Featured by Relationships to Measured Structural Objects", Advances in Internet of Things (AIT), Vol.6, No.3, 2016.
  2. K. Kim, H. Ogawa, A. Nakamura, I. Kojima, "Sophy: a Morphological Framework for Structuring Geo-referenced Social Media", ACM 6th SIGSPATIAL International Workshop on Location-Based Social Networks (LBSN 2014), Texas, U.S.A., Nov 2014.
  3. I. Kojima, Y. Tanaka, A. Matono, A. Nakamura, "Implementation of the Fukushima radiation LOD framework", Linking Geospatial Data Workshop, London, U.K., Mar 2014.
  4. S. Lynden, I. Kojima, A. Matono, A. Nakamura, "Best-Effort Linked Data Query Processing with Time Constraints using ADERIS-Hybrid", 12th International Semantic Web Conference (ISWC), Sydney, Australia, Oct 2013.
  5. A. Nakamura, "Towards Unified Vulnerability Assessment With Open Data", IEEE 37th Annual Computer Software and Applications Conference (COMPSAC) Workshops, Network Technologies for Security, Administration and Protection (NETSAP 2012), Kyoto, Japan, Jul 2013.
  6. S. Lynden, I. Kojima, A. Matono, A. Nakamura, M. Yui, "A Hybrid Approach to Linked Data Query Processing with Time Constraints", ACM 22nd International World Wide Web Conference Workshop, Linked Data on the Web (LDOW), Rio de Janeiro, Brazil, May 2013.
  7. K. Iwata, I. Kojima, R. Nakamura, A. Nakamura, "Application to Earth Observation of a Workflow System Based on HTML5", 1st International Workshop on Cloud Computing and Applications (IWCCA), Korea Information Processing Society, Hong Kong, Dec 2012.
  8. A. Matono, A. Nakamura, I. Kojima, "A Mashup Tool for Cross-Domain Web Applications using HTML5 Technologies", 13th Asia-Pacific Web Conference (APWeb2011), Lecture Notes on Computer Science (LNCS) 6612, Springer, Beijing, R.O.C., Apr 2011.
  9. A. Nakamura, T. Nishioka, Y. Hamazaki, M. Tsukamoto, "Scalability in Object-Oriented Distributed Systems Environment OZ", Worldwide Computing and Its Applications (WWCA'98), Lecture Notes on Computer Science (LNCS) 1368, Springer, Tsukuba, Japan, Mar 1998.
  10. A. Nakamura, M. Takizawa, "Causally Ordering Broadcast Protocol", IEEE 14th International Conference on Distributed Computing Systems (ICDCS-14), Poznan, Poland, Jun 1994.