基本情報

所属
文化研究センター
職位
准教授
E-Mail
ykira@u-aizu.ac.jp
Webサイト

教育

担当科目 - 大学
社会学社会シミュレーション文章表現法
担当科目 - 大学院

研究

研究分野
数理社会学、公共選択論
略歴
2005年 大分上野丘高校 卒業
2009年 東北大学文学部 卒業
2011年 東北大学文学研究科 博士前期課程修了
2014年 東北大学文学研究科 博士後期課程修了
2014~2016年9月 学振特別研究員PD(受入:東京工業大学社会理工学研究科)
2016年10月~ 現職
現在の研究課題
長期的社会関係のもとでの協力と社会規範の発生メカニズム
研究内容キーワード
ゲーム理論、社会的ジレンマ、社会規範
所属学会
数理社会学会、公共選択学会、International Sociological Association, International Association for the Study of the Commons

パーソナルデータ

趣味
料理、サイクリング、山菜・きのこ狩り、オーディオ、証券投資
子供時代の夢
生態学者
これからの目標
自発的に相互協力規範を作るロボットを発明すること
座右の銘
人の行く裏に道あり花の山、いずれを行くも散らぬ間に行け
愛読書
Governing the Commons (by Elinor Ostrom, who is a Nobel laurelate in economic science)
学生へのメッセージ
自画自賛を抜きにして、会津大学が提供する教育の質は、日本に数ある大学の中でも非常に高いと思います。これは使い倒さないともったいない!日々降ってくるチャンスをしっかりキャッチして、大きく成長してください。
その他
「世界の経済学者が注目する日本の共有林」只見町『広報ただみ』, 509号, p.17, 2012."