基本情報

所属
語学研究センター
職位
教授
E-Mail
Webサイト
http://hibiki.main.jp/kaneko/

教育

担当科目 - 大学
Intermediate English 3, 4; Thesis Writing and Presentation; Global Experience Gateway; Reading Fluency; Structure of English sentences; Analysis of English Sentence Structure
担当科目 - 大学院
なし

研究

研究分野
Applied Linguistics (L2 speaking, Assessment), Phonology
略歴
MA and Ph.D. from the University of Wisconsin, Milwaukee
BA from Tsuda College
現在の研究課題
1. Development of L2 speaking2. Non-communicative training for L2 speaking3. Language testing 4. Phonology (L2 phonology, Aizu dialect)
研究内容キーワード
L2 speaking, speaking assessment, L2 pronunciation, Aizu dialect
所属学会
日本言語テスト学会 (Japan Language Testing Association, JLTA),大学英語教育学会(Japan Association of College English Teachers, JACET),American Association for Applied Linguistics (AAAL),英語コーパス学会 (Japan Association for English Corpus Studies, JAECS),Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE) Professional Communication Society

パーソナルデータ

趣味
和太鼓 (https://yasubeidaiko.wixsite.com/homepage
子供時代の夢
普通のお嫁さん
これからの目標
人並みの研究と出版物
座右の銘
愛読書
学生へのメッセージ
その他
会津大リレーエッセー25号 「会津人の心に泣く 人生巡り合わせに感謝

主な研究

調音音声学と音響音声学

私達の主な研究分野は、発声と第2言語の発音の習得です。ラボの研究の多くは、実験音声学(調音音声学と音響音声学)に基づいています。発声中の舌の動きを観察するために超音波機器を使っています。最近では、モノリンガルとバイリンガルの調音設定や、第2言語の習得における音韻論や音声学を中心に研究しています。また、日本の会津方言に興味があり、この方言の多くのオーディオサンプルを記録し分析しました。

この研究を見る

主な著書・論文

ティモシー・J・バンス、金子恵美子、渡邊靖史(編)(2017) 『連濁の研究』開拓社