基本情報

所属
情報システム学部門
職位
教授
E-Mail
bhalla@u-aizu.ac.jp
Webサイト
http://www.u-aizu.ac.jp/labs/is-ds/Bhalla.html

教育

担当科目 - 大学
B. Tech
担当科目 - 大学院
Post Graduate Diploma in Computer Science, PhD

研究

研究分野
Distributed Information Systems,New Query Languages,Electronic Health Records,Big Data Analytics,Networked Information Systems
略歴
Studied at Indian Institute of Technology, Delhi for BS, MS, and PhD.
Also, worked at MIT as a Visiting Scientist (post doctoral) for 1 year.
現在の研究課題
Synchronization and Recovery in Distributed Systems,New Query Languages for skilled and Semi-skilled users
研究内容キーワード
New Query Languages for Scientists and healthcare workers
所属学会
IEEE Computer Society, ACM Sigmod

パーソナルデータ

趣味
読書、エッセー執筆、たまに長距離散歩
子供時代の夢
国の代表チームでクリケットをすること
これからの目標
必要とする人のためにヘルスケアのホットラインのような、有益なサービスを作ること
座右の銘
行動に移す前にまず考えること
愛読書
ポーヤ・ジェルジ著『いかにして問題をとくか』、パラマハンサ・ヨガナンダ著『あるヨギの自叙伝』
学生へのメッセージ
肉体的にも、精神的にも、魂の健全のためにも更なるチャレンジを。楽な道が最善の道とは限りません。
その他
1. Semantic Interoperability in Standardized Electronic Health Record Databases", ACM Journal of Data and Information Quality (JDIQ), April 2012.
2. Usability Measures for Large Scale Adoption of the Standardized Electronic Health Record Databases", Journal of Information Processing (JIP), Vol. 22, No. 3, 2014
3. AQBE - QBE Style Queries for Archetyped Data", IEICE Transactions, Vol. 95-D(3), pp. 861-871, (2012)
4. Integrating Keyword Search with Multiple Dimension Tree Views over a Summary Corpus Data Cube", ACM SIGMOD 2010, USA.
5. Query-by-object Interface for Information Requirement Elicitation in M-commerce", in International Journal of Human-Computer Interaction Volume 20, Number 2, March 2006.
6. Asynchronous Backup and Initialization of a Database Server for Replicated Database Systems", The Journal of Supercomputing , Kluwer Academic Publishers, Vol. 27, No 1, January 2004
7. Asynchronous Operations in Distributed Concurrency Control", IEEE Transactions on Knowledge and Data Engineering, Vol. 15, No. 3, pp. 721-733, May 2003.

主な研究

QBO負担と面倒を軽減するDB検索法 ~携帯から手軽に地図関連情報DBからサーチ~

〇QBOとは
データベースの新しい検索方法であり、「オブジェクト単位で検索」や「検索の結果に対してさらに検索指定」ができるため、「認知負担の減少」や「小サイズの端末による表示向け」などの特徴を持っており、 特に地図DB関連情報のサーチに役に立つ。

〇Web と普通のDBの問題点
大抵のアプリケーション(例えば銀行)は、ATMやオフィスなどのサービス場所の位置を示す地図情報を開示している。
しかし、ユーザが現在位置から最も近いサービス場所を探したい場合、多くの銀行が1つのATMを共有すると、情報検索ニーズはより煩雑となり、最も近くにあるATMを探し出すのに一つ一つの銀行のホームページを閲覧するなど、ユーザの負担が大きい。
また、SQL等のDB検索言語に、ユーザに検索のターゲットに関する知識やSQLの文法を知っておく必要がある。

〇SQLと同等なものを簡単にサーチ
ユーザは「国道49号線にあるATMを設置した郵便局や銀行を見つけたい」のように、身近に認知できる複数のオブジェクトの関係に関し検索のターゲットを絞っていくことが望ましい。

この研究を見る

主な著書・論文

Synchronization and Crash Recovery in Distributed Systems