基本情報

所属
パターン処理学講座
職位
上級准教授
E-Mail
jpshin@u-aizu.ac.jp
Webサイト
http://www.u-aizu.ac.jp/~jpshin/

教育

担当科目 - 大学
プログラミングC, プログラミングJAVA, 人工知能
担当科目 - 大学院
文書メディアの理解・認識

研究

研究分野
パターン認識, 文字認識, 画像処理, コンピュータビジョン, ヒューマン・コンピュータ・インタラクション
略歴
1999年3月 九州大学大学院システム情報科学研究科修了,博士(工学) 1999年4月 会津大学准教授 2004年4月 同上級准教授
現在の研究課題
Pen-Computing System, Character Education System, Character Recognition, Signature Verification, Writer Identification, Hand Gesture Recognition, Handwritten Style Font Synthesis, Calligraphy System, Shape Searching
研究内容キーワード
Pen-based Interaction System, Real-time System, Oriental Character Processing, Mobile Computing, Computer Education, Human Recognition, Machine Intelligence
所属学会
IEEE, ACM, IEICE, KISS, KIPS

パーソナルデータ

趣味
Photograph, Tour
子供時代の夢
Artist
これからの目標
World Tour
座右の銘
Do you see a man skilled in his work? He will stand before kings; He will not stand before obscure men. (Proverbs22:29)
愛読書
"The Wisdom of the Enneagram: The Complete Guide to Psychological and Spiritual Growth for the Nine Personality," Don Richard Riso, Russ Hudson. "Guns, Germs and Steel: A Short History of Everybody for the Last 13,000 Years" Jared Diamond
学生へのメッセージ
What should you do at the university? 1. Learn the way how to think (Knowledge and Wisdom). 2. Establish the point of view. 3. Prepare for your occupation.
その他
Enneagram Leader Certification (9 types of Personality)

主な研究

複数のカメラによる映像の「つなぎ」 ~広い空間でも自動追跡が可能に~

〇監視カメラによる自動追跡の問題点
監視カメラでは人間または物体の動きを監視するのが基本的な機能であるが、監視された人間が映像の中でどのような経路で移動しているかを把握することは管理者の仕事として残されている。

〇複数カメラの映像の「つなぎ」が課題
広い空間を多数の監視カメラで分割監視する場合、監視カメラでとられた人の移動経路を把握することはカメラ間の映像の「つなぎ」と言う困難な問題を抱えている。目視により管理するシステムではカメラの台数の限界、時間の制限の課題が伴う。

〇複数カメラによる広範囲の自動追跡
• パターンの認識による移動体の識別
• 移動体の自動追跡
• 異なる位置から多数のカメラで撮影される映像から監視対象の追跡の自動化かつ高性能化を目的にする。

この研究を見る

パターン認識、ヒューマン・コンピューター・インタラクション、コンピュータビジョン, 画像処理, Machine Intelligence,

パターン認識、画像処理、コンピュータビジョンのアルゴリズムやアプリケーションの開発を行っています。近年ペンタブレット・KINECT・Leap Motionを用いた文字認識・ジェスチャー認識・筆者認証、手書きフォント生成、筆者認証、署名認証、毛筆のシミュレーション、画像検索などの研究を行っています。

この研究を見る

統計的手法を用いて個人の筆跡を模擬した文字を生成する手法

〇本発明は、サンプルとして人が書いた複数の文字からその特徴を統計的に抽出することにより、筆跡の個性を備えつつ、個々の文字を手で書く際の多様性まで加味した文字を、多数生成することが可能な文字生成プログラムを提供します。

〇今までの研究では以下のような共通の問題点(限界点)がありました。
個々の文字を手で書く際の多様性を、1つのモデルで表現できない
原本の筆跡の個性を維持しながら、多様な手書き文字を生成する技術については前例がない

〇本発明により下記の点が可能となります。
• 個々の文字を手で書く際の多様性を1つのモデルで表現することができる
• 少数の原本文字データから、手書きの多様性を備えた文字を生成することができる
• 原本筆跡の個性を維持しながら、多数の手書き文字を生成することができる

この研究を見る

主な著書・論文

[1] J. Shin, H. Sakoe, "Stroke Correspondence Search Method for Stroke-Order and Stroke-Number Free On-Line Character Recognition --- Multilayer Cube Search,'' The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers (IEICE) Trans. Inf. & Syst. [SCI], vol. J82-D-II, No. 2, pp. 230-239, Feb. 1999.

[2] J. Shin, M. M. Ali, Y. Katayama, H. Sakoe, "Stroke Order Free On-line Character Recognition Algorithm using Inter-Stroke Information,'' The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers (IEICE) Trans. Inf. & Syst. [SCI], vol. J82-D-II, No. 3, pp. 382-389, Mar. 1999.

[3] J. Shin, "Optimal Stroke-Correspondence Search Method for On-Line Character Recognition," Pattern Recognition Letters (Elsevier Science) [SCI], Vol. 23, pp. 601-608, 2002.

[4] J. Shin, "Stroke Order- and Number-Free On-Line Character Recognition Using Intra- and Inter-Stroke Information," International Journal of Knowledge-Based Intelligent Engineering Systems, Vol.6, No. 2, pp. 72-79, April, 2002.

[5] J. Shin, "On-Line Cursive Hangul Recognition that Uses DP Matching To Detect Key Segmentation Points," The Journal of the Pattern Recognition Society (Elsevier Science) [SCI], Vol.37, No. 11, pp. 2101-2112, Nov., 2004.

[6] J. Shin, K. Suzuki, A. Hasegawa, "Handwritten Chinese Character Font Generation Based on Stroke Correspondence," International Journal of Computer Processing of Oriental Languages [SCI], Vol. 18, No. 3, pp. 211-226, Sept. 2005 (Awarded a best paper from 2004 Conference on Chinese Language Computing.).

[7] W. Chang, J. Shin, "Dynamic Positional Warping: Dynamic Time Warping for Online Handwriting," International Journal of Pattern Recognition and Artificial Intelligence (IJPRAI) [SCI], Vol.23, No.5, pp. 967-986, July. 2009.

[8] W. Chang, J. Shin, "A Statistical Handwriting Model for Style-Preserving and Variable Character Synthesis," International Journal of Document Analysis and Recognition (IJDAR) [SCI], Vol. 15, No.1, pp. 1-19, March. 2012.

[9] J. Shin, T. Okuyama, "Detection of Alcohol Intoxicated via Online handwritten Signature," Pattern Recognition Letters [SCI], Vol. 35, pp. 101-104, Jan. 2014,

[10] H. Liao, C. Lu, J. Shin, "The incorporation of GPS and IP Cameras for People Tracking," GPS Solutions [SCI], Vol 16, Issue 4, pp. 425-437, 2012.

[11] T. Murata, J. Shin, “Hand Gesture and Character Recognition Based on Kinect Sensor,”International Journal of Distributed Sensor Networks [SCI], Vol. 2014, Article ID 278460, July 2014. 

[12] C. Chen, J. Shin, W. Tsaur, C. Gong, L. Zhao, "A SaaS-Model-Based Approach to an Environment Monitoring System," Journal of Internet Technology, (ISSN 1607-9264), [SCI], Vol. 18, No. 2, pp. 347-359, Mar. 2017. 

[13] J. Shin, K. Maruyama, C. Kim, "Signature Verification Based on Inter-Stroke and Intra-Stroke Information", ACM Applied Computing Review (SIGAPP), Vol. 17, No. 1, pp. 26-34, March, 2017. 

[14] H. Mun, S. Hong, J. Shin, "A Novel Secure and Efficient Hash Function with Extra Padding against Rainbow Table Attacks", Cluster Computing (Springer) [SCI], pp. 1-13, May, 2017. 

[15] S. Jan, Y. Lee, J. Shin, I. Koo, "Sensor Fault Classification Based on Support Vector Machine and Statistical Time-Domain Features," IEEE Access [SCI], Vol. 5, pp. 8682-8690, May, 2017. Impact factor : 3.224. 

[16] J. Shin, C. Kim, "Non-touch Character Input System Based on Hand Tapping Gestures Using Kinect Sensor", IEEE Access [SCI], Vol. 5, pp. 10496-10505, May, 2017. Impact factor : 3.224. 

[17] C. Chen, J. Shin, Y. Tsai, A. Castiglione, F.o Palmieri,“Securing information exchange in VANETs by using pairing-based cryptography," the International Journal of Foundations of Computer Science [SCI], June, 2017.