基本情報

所属
情報セキュリティ学講座
職位
准教授
E-Mail
neilyyen@u-aizu.ac.jp
Webサイト

教育

担当科目 - 大学
F1 Algorithm and Data Structure [ex]A1 Artificial Intelligence [ex]SE1 Web Engineering [ex]
担当科目 - 大学院
ITA27 Introduction to Human-centered Computing ITA28 Introduction to Big Data Science

研究

研究分野
Human-centered ComputingComputational Intelligence
略歴
2012.04 to date - Associate professor, University of Aizu, Japan 2012.03 - PhD in Human Sciences, Waseda University, Japan 2012.01 - PhD in Engineering, Tamkang University, Taiwan
現在の研究課題
Current research theme is primarily to well understand the phenomenon, via data, human, and their interactions, and further develop well-being environment for human society. Instances include: 1) Search engine that prompt human experience and knowledge discovery; 2) Emerging services that support decision-making, healthcare management, and e-learning; and 3) New methods in data mining and machine learning.
研究内容キーワード
Human modeling, data mining, machine learning, social web, cognitive science, awareness engineering
所属学会
ACM, IEEE, IET, ISPJ

パーソナルデータ

趣味
映画鑑賞、ジャズドラム、スポーツ
子供時代の夢
幸せな工場長になること。
これからの目標
最高の中の最高になること
座右の銘
物事はただ起こるのではない。起こるべくして起こるのだ。
愛読書
学生へのメッセージ
あきらめないで。希望はいつもきみを待っている。
その他
会津大リレーエッセー 46号「風評被害の影響困難あっても必ず前進」"

主な研究

iREF-Search: より快適で使い易い情報探索を目指して

一般的にデータは、オンラインショッピング、ヘルスケア、情報システムなど、それぞれの用途や状況に応じて形を変えます。そしてデータの価値は、見通しや適用手法を含め、ユーザの取り扱い方によって決まります。
本研究の目的は単純で、データから意味を見出し、ユーザにとって価値あるものにすること、そしてデータの中の情報から得られる恩恵を最大化することにあります。この理念を具体化させたものが、「iREF (Intelligent REnewable Framework)」というフレームワークです。これを利用することにより、大規模かつ異質な容量・速度・種類を有する情報を扱いながら、ユーザーに対して実用的な知見や情報、タイムリな支援を提供することが可能となります。
iREFには「I can refer something」という意味もあります。ここでの「何か(something)」とは、iREFで計算されるものを指します。また「Intelligent」とはフレームワークを強化するための計算上の手法の集合体を指します。「Renewable」とはデータやその関連から導かれるもの(例えばデータの前後関係や、ユーザエクスペリエンス)の処理を通じて、フレームワームが連続的に成長していくことを意味します。
技術的観点から見ると iREFはユーザに堅牢なエコシステムの構築を可能にさせます。開発当初においてiREFは、情報検索支援がその活用例の1つでした。そのため、このような検索エンジン(iREF-Search)は、既存のものよりもさらに快適で使い易い情報探索手法をいかに設計するかを実証するために活用されています。

この研究を見る

主な著書・論文

1. N.Y. Yen, T.K. Shih, J.C. Hung, M.M. Weng, "Socially-Empowered Automated Mechanisms towards Seamless Migration e-Learning to s-Learning" ACM Transactions on Internet Technology (accepted on May 7, 2014)
2. N.Y. Yen, Q. Jin, J.C. Tsai, J.J. Park, "Intelligent State Machine for Social Ad Hoc Data Management and Reuse," Multimedia Tools and Applications (online published on March 2014)
3. J.C. Hung, N.Y. Yen, H.Y. Jeong, Y.W. Chan, "Adaptive mechanism for schedule arrangement and optimization in socially-empowered professional sports games," Multimedia Tools and Application (online published on January 2014)
4. C.C. Chen, T.C. Huang, J.J. Park, H.H. Tseng, N.Y. Yen, "A Smart Assistant for Product-Awareness Shopping," in Personal and Ubiquitous Computing, 18(2): 339-349, 2014
5. N.Y. Yen, T.K. Shih, Q. Jin, "LONET: An Interactive Search Network for Intelligent Lecture Path Generation," ACM Transactions on Intelligent Systems and Technology, 4(2): article 30, 2013
6. N.Y. Yen, J.J. Park, Q. Jin, T.K. Shih, "Modeling User-Generated Contents: An Intelligent State Machine for User-Centric Search Support," Personal and Ubiquitous Computing, 17(8), 1731-1739, 2013
7. N.Y. Yen, Q. Jin, J. Ma, R. Huang, T.K. Shih, "Intelligent Route Generation: Discovery and Search of Correlation between Shared Resources," in International Journal of Communication Systems, 26(6): 732-746, 2013
8. C.C. Chen, T.C. Huang, N.Y. Yen, J.J. Park, "Real-time Smartphone Sensing and Recommendations towards Context-Awareness Shopping," Multimedia Systems (online published in December 2013)
9. X. Zhou, N.Y. Yen, Q. Jin, T.K. Shih, "Enriching User Search Experience by Mining Social Streams with Heuristic Stones and Associative Ripples," Multimedia Tools and Applications, 61(1): 129-144, 2012
10. N.Y. Yen, T.K. Shih, L.R. Chao, Q. Jin, "Ranking Metrics and Search Guidance for Learning Object Repository," IEEE Transactions on Learning Technologies, 3(3):250-264, 2010