会津から、世界へ。

会津大学の国際的な面は、そこに集う研究者だけではありません。学生が、世界の舞台で活躍をするチャンスも大いにあります。
なぜなら、会津大学では、教授の指導を受けながら学生が国際学会で発表することもできます。発想と努力次第で、学生時代から脚光を浴びることも可能となっています。
さらに、毎年、会津大学を会場に国際学会も開催されています。
会津大学は、その研究活動においても世界に開かれた大学となっています。

コンテスト・ベースド・ラーニング

会津大学では、競技会等を通じて実践的な知識を習得する教育を重視しており、学生に対し学内外の競技会への参加を促しています。
ACM国際大学対抗プログラミングコンテスト(※)もその一つ。2004年、2008年、2013年は、会津大学を会場にアジア地区予選が開催されたほか、毎年会津大学の学生が出場し、好成績をおさめています。
国内外の強豪校がひしめく国内予選、アジア予選を勝ち抜いた大学のみが出場できる世界大会には、これまで3回の出場を果たしています。
特に2009年大会では、スウェーデン王立工科大学を会場に開催された世界大会において、会津大学のチーム「Watch.c」が、初出場ながら世界各国から集まった100校中49位と健闘しました。
また2017年世界大会はアメリカ・サウスダコタ州ラピッドシティにて開催され、会津大学から出場したチーム「575.cpp」は12問中4問正答し、世界133大学中59位、56位タイで8年ぶり2度目の入賞を果たしました。

ACM国際大学対抗プログラミングコンテスト ACM(Association for Computing Machinery、国際計算機学会)が、世界中の大学生が自らのコンピュータの知識と技術レベルの向上を図るとともに貴重な国際交流の経験を積むことを 目的に1977年以来世界的規模で開催している大学生を対象としたプログラミングコンテスト。

過去の成績

2016年 国内予選大学別9位
アジア予選突破
2017世界大会56位タイ入賞(アメリカ・サウスダコタ州ラピッドシティ 2017.5.20-25)
2015年 国内予選大学別5位
アジア予選入賞
2016世界大会77位(タイ・プーケット 2016.5.15-20)
2014年 国内予選大学別10位
アジア予選入賞
2013年 国内予選大学別6位
アジア予選入賞
2012年 国内予選大学別8位
アジア予選入賞
2011年 国内予選大学別3位
アジア予選入賞
2010年 国内予選大学別3位
アジア予選入賞
2009年 国内予選大学別2位
アジア予選突破
2009世界大会49位(スウェーデン王立大学 2009.4.21)

このページの内容に関するお問い合わせは「学生課 教務係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
sad-aas@u-aizu.ac.jp