2016年3月10日(木)、11日(金)、スーパーグローバル大学シンポジウム「世界で活躍するICTイノベータ、起業家の育成」が開催されました。

 このシンポジウムは、コンピュータスキルとグローバルマインドを兼ね備えた人材を世界へ輩出するため、海外の大学の学長をはじめ、指導的立場の方々とベンチャー企業の起業家をお招きし、グローバルな観点から意見交換を行うことを目的として開催されました。海外からは劉積仁氏(東軟グループ会長兼最高経営責任者)、温涛氏(大連東軟信息学院院長)、Ray Chen氏(サンノゼ州立大学電子工学科学科長)が招かれました。

 1日目は、今求められているグローバル人材の資質とは何か、人材育成のための課題への対応と対策をテーマとした講演会が行われました。スーパーグローバル大学創成支援事業に採択された芝浦工業大学、豊橋技術科学大学、長岡技術科学大学及び本学の4大学による取組が報告されました。締めくくりには「グローバルICT人材育成の課題と挑戦」と題したパネルディスカッションが行われました。

 2日目は、ベンチャー企業と産学連携のグローバル化についての講演が行われました。2011年の東日本大震災からちょうど5年となるため、追悼ビデオセッション及び黙祷も実施されました。最後には、"International ICT Collaboration Through the Tri-Party University Alliance()"と題したパネルディスカッションが行われました。

sgu_sympo201601.jpg
大講義室で行われた1日目の様子

sgu_sympo201602.jpg
先端ICTラボ2Fカンファレンススぺ―スで行われた2日目の様子

※ Tri-Partyは協定を締結している大連東軟信息学院サンノゼ州立大学及び本学を指します

このページの内容に関するお問い合わせは「企画連携課 計画広報係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-planpr@u-aizu.ac.jp

関連記事