このたび会津大学は、文部科学省の平成26年度国際化拠点整備事業費補助金(スーパーグローバル大学創成支援)の交付先として採択されました(タイプB型、平成26年9月26日文部科学省公表)(
 この補助金は、政府の諮問機関である教育再生実行会議の提言を受けて、我が国の大学の国際通用性や国際競争力を向上させることを目的として、文部科学省が創設したものであり、世界的に魅力的なトップレベルの教育研究を行う大学(タイプA型:トップ型)や、我が国社会の国際化を牽引する大学(タイプB型:グローバル化牽引型)を重点支援するものです。

 このたびの採択を受けて、会津大学では下記のとおり、世界で活躍する革新的ICT人材の輩出を目的に、「心・技・体」三位一体のコンセプトのもと多文化キャンパスを創出し、ICT分野の地方公立大学として先進モデル校を目指していくため、全学を挙げた取組を推進していきます。詳細はこちらをご覧ください。

  1. プログラムの名称
    文部科学省「国際化拠点整備事業費補助金 スーパーグローバル大学創成支援(タイプBグローバル化牽引型)」
  2. 構想の名称
    「心・技・体」三位一体による世界で活躍する革新的ICT人材の輩出
    ※ 心:イノベーションによる創業の志
      技:ICT設計・開発・活用力
      体:多文化環境への順応力
    <主な取組内容>
    ・学部・大学院一貫した科目体系、柔軟な学期制導入
    ・全教科英語による単位取得や日本文化の学習
    ・技術革新・創業基礎・海外研修科目群の創設
    ・全職員の英語力向上、多文化キャンパスの徹底 等
  3. 事業期間
    平成26年~35年度(10年間)
※ タイプB型
タイプA型(トップ型) 16件応募 13件採択、タイプB型(グローバル化牽引型) 93件応募 24件採択。詳細については、独立行政法人日本学術振興会(JSPS)のホームページを参照のこと。

SGU_pres.jpg←公立大学として採択された二校の学長、会津大学 岡嶐一学長(左)と国際教養大学の鈴木 典比古学長(右)

このページの内容に関するお問い合わせは「企画連携課 計画広報係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-planpr@u-aizu.ac.jp

関連記事