会津大学では、県の支援を受けた産学ロボット技術開発事業の中で、ロボットソフトウェアの共通化を推進しております。その中で、2016年10月にコンポーネントをデータベース化した、RTC-Library-FUKUSHIMAを開設し、現在120余のソフトウェアを公開しております。

 この度、RTC-Library-FUKUSHIMAでは、RTミドルウェアを使ったChoreonoidのe-ラーニングページを新たに開設しました。開始前の事前説明からクイズまで、楽しく勉強していただける内容となっています。

ぜひ、アクセスしてみてください!

トップページ
https://rtc-fukushima.jp/

e-ラーニング(ドキュメントタブ内)
https://rtc-fukushima.jp/document/#e-learning

e-ラーニング「RTミドルウェアとChoreonoidを利用したEV3モデルの操作」
https://rtc-fukushima.jp/e-learning/2199/

このページの内容に関するお問い合わせは「復興支援センター」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
revitalization@u-aizu.ac.jp

関連記事