就職活動が解禁となった2018年3月1日(木)、本学の先端ICTラボ(LICTiA)カンファレンススペースにおいて、昨年度に引き続き「第2回会津逆求人フェスティバル」を開催し、本学から11名の学生(2019年卒予定)が参加、県内に本社または支店を置く企業9社に参加いただきました。

本フェスティバルは通常の会社説明会とは「逆」の形で、学生がブースを設け、そのブースに企業側が足を運び、学生が自己PRをする形式を採っています。こうすることで、学生と企業1対1での対話により相互理解が深まり、学生の自己理解・アピール力が向上、また、企業側としてもじっくりと話すことで自社の魅力を十分にPRできるメリットがあります。

昨年度の開催では、複数の県内企業で内定につながり、複数の学生が就職先決定に至りました。

20180308_1.png

 

20180308_2.png

 

 

関連記事