2015年8月8日(土)・9日(日)に会津若松市で開催された「CIVIC TECHで創ろう未来の会津!! Mashup Awards Hackathon with Students 会津編 #MA11」(※1)にて、会津大学の学生及び職員が参加したチームが賞を獲得しました。

 "Mashup Awards" (MA) は、2006年から始まった歴史と実績があるコンテストです。Web開発者が自ら開発したWebサイトやスマートフォンアプリ等を通して技術、デザイン、アイデアを競い合うハッカソン形式(※2)の大会です。例年、時代の先端をいく開発者達の作品約500点が集まり、Webやインターネットの未来を提案する場となっています。過去の大会にも会津大生が参加しており、受賞歴もあります(※3)。

 今回、MAの東北大会が会津若松市で開催されました。今回の大会では、未来の会津の姿をイメージし、地域の課題をITの力を活用しながら解決する事を目標としました。また、会津大学復興支援センター(※4)所管の「会津大学IT起業家育成事業」では、このコンテストを同事業受講生による成果発表の場と位置づけており、そのため会津大生が多数参加し受賞につながりました。今回CIVICTECH部門賞を受賞したOne Buttonと学生部門賞を受賞したGTPは、今年11月上旬に開催予定の決勝ステージに進出する権利を獲得しました。

 今回の入賞作品は以下のとおりです。

チーム:One Button
CIVICTECH部門賞、IBMBluemix賞を受賞
チームメンバー:渡邉隆仙さん(学部1年)、藤井靖史会津大准教授、徳納弘和さん(CODE for AIZU ※4
入賞作品名・概要:One Button
「ボタンひとつで地域がつながる」モビリティを媒体とした、村落コミュニケーション基盤ボタンという全人類が使えるインターフェースを使い、村落のコミュニケーションを更に活性化させ、互助を自然に誘発させるアプリケーション。
渡邉さんのコメント:今回ハッカソンは初参加で、はじめは何をどう作っていいものか分からない状態でした。自分の興味のあるアイデアに取り組み、チームでアイデアをブラッシュアップ、ハッキングと作業をしていく中でどんどん形になっていき、最後は優秀賞を取れたことに自分でもびっくりしています。藤井先生と徳納さんのおかげでここまでいいものができたと思います。また、ハッカソンを通してどのようにアプリやサービスが作られているのかやそういった物を作る時に何を念頭に置いておくべきかなど、開発をする上で凄く勉強になりました。また機会があれば是非参加したいと思います。
maaizu201501.jpg

チーム:GTP
学生部門賞、Pepper賞
チームメンバー:伊藤勇希さん(学部1年)、大宮元太さん(会津工業高校3年)、キャサリン・ディンさん(会津学鳳高校外国語指導助手)
入賞作品名・概要:Pepperが方言を教えてくれるアプリ
Pepper(※5)に話しかけることで、「方言を標準語にして伝える」、「標準語を方言にして伝える」、さらに「Pepper自身が分からない言葉をお年寄りなどから教えてもらい学ぶ」ことができるアプリを作成。
伊藤さんのコメント:このような賞をいただけたこと、本当に嬉しく思います。Pepperは私達の日常との関わりという点で、まだまだ大きな可能性を持ったロボットです。決勝でも、そのアドバンテージを活かしてしっかり頑張っていきたいと思います。
maaizu201502.jpg

チーム:War of Snow ~戊辰戦争2.0~
アシアル賞
チームメンバー:櫻井俊輔さん(学部1年)、本島靖さん(会津若松市情報政策課)、藤井淳さん(会津若松市情報政策課)、弓田快さん(会津工業高校3年)、佐々木大さん(会津工業高校3年)
入賞作品名・概要:War of Snow ~戊辰戦争2.0~
会津若松市の除雪問題に関してゲーミフィケーション(※6)したアプリ。雪を敵軍とみなし、会津若松のレンジャー(市民)が協力してゲーム感覚で除雪することを目的としている。
櫻井さんのコメント:開発にあたっては、アシアル株式会社様の開発プラットフォームを活用してバックエンドとの通信やUI(ユーザーインターフェース)の実装をしました。今までこのような最新技術を盛り込んだ開発環境の下で開発した経験がなかったために、実装の迅速性や容易性を痛感しました。またアシアル株式会社様からはアシアル賞という素晴らしい賞もいただき、感激しております。今後も「War of Snow ~戊辰戦争2.0~」の継続開発も含め、最新技術を盛り込んだ開発環境を駆使して開発を進めていきたいと思います。
2015IEEEDSP03.jpg

チーム:三泣き
会津若松市長賞、Twilio賞、ニフティ賞
チームメンバー:花田祐輔さん(学部3年)、市川博之さん、市川希美さん、神垣聡さん、小柴優さん(会津学鳳高校3年)、秋山晴美さん(会津大復興支援センター)
入賞作品名・概要:さすけね
24時間電話一本で地域住民の苦情を見える化する『さすけね』を作成。今回は課題の多い「除雪」にフォーカスしています。
①除雪されていない場所を発見します
②24時間自動受付可能な「さすけね」の専用回線へお電話。自動音声に繋がります
③会津若松市内の地域とその番号が読み上げられますので、除雪して欲しい地域の番号をプッシュします
④「除雪して欲しい」という情報が「さすけね」に登録されます。その情報がインターネット上にアップされます
また、この情報はデータとして蓄積され、次年度以降に生かせます。この可視化されたデータを基に除雪を進めてもらいたいと考えています。
花田さんのコメント:問題について提供されるAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース ※7)を上手く使い、しっかり解決法を示せたことがよかったと思います。また、私の持っていないスキルを持つメンバーでチームを組めたので、学ぶことが多かったです。
maaizu201504.jpg

*1 CIVIC TECHで創ろう未来の会津!! Mashup Awards Hackathon with Students 会津編 #MA11  公式Facebook
*2 ハッカソン("hackathon")は、ハック(hack)とマラソン(marathon)を組み合わせた名称で、同じテーマに興味を持った参加者が、協力して開発を行うイベントを指します
*3 ニュース:"Mashup Awards"(MA)にて、会津大学の学生および職員が参加したチームが賞を獲得
*4 CODE for AIZU
ニュース:Code for AIZU、「会津若松市消火栓マップ」アプリを公開
*5 ソフトバンクPepper
*6 ゲーミフィケーション(Gamification)とは、課題の解決等に、ゲームの技術や要素を応用することを指します。「日常生活の様々な要素をゲームの形にする」という「ゲーム化(Gamefy)」から派生した言葉です
*7 アプリケーションプログラミングインタフェース (API、Application Programming Interface) とは、ソフトウェアに実装された機能、管理するデータ等を、外部の他のプログラムから呼び出して利用するための手順や、データ形式などを定めたインターフェースの仕様のことです

このページの内容に関するお問い合わせは「企画連携課 計画広報係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-planpr@u-aizu.ac.jp

関連記事