2015年11月27日(金)、会津大学 先端ICTラボ LICTiA(リクティア)において、福島県警察と会津大学とのサイバーセキュリティに関する覚書締結式が行われました。

 深刻化するサイバー空間の脅威に対処するためには、先端技術の捜査への活用や脅威情報の提供等による専門人材の育成支援など、官民連携による取組が不可欠となっています。
そのため、警察におけるサイバーセキュリティ戦略の制定と会津大学における先端ICTラボの開所等も踏まえ、安全で安心なサイバー空間の構築に向けて福島県警察と会津大学が協議を重ね、必要な連携・協力をすることとしたものです。

 今後この覚書に基づき、会津大学では、県警との協力のもと

  •  サイバー空間の脅威に対する課題や解決の方向性に関する情報共有
  •  犯罪捜査と被害防止対策(児童等)に関する技術的支援
  •  脅威への対処が可能な人材の育成
  •  サイバー犯罪の被害防止に関する広報啓発                

 に取り組んでいきます。

cyber_security1.jpg

cyber_security3.jpg

cyber_security3.jpg

cyber_security4.jpg

このページの内容に関するお問い合わせは「企画連携課 計画広報係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-planpr@u-aizu.ac.jp

関連記事