2016年8月22日(月)から25日(木)まで、「コンピュータサイエンスサマーキャンプ会津大学2016」(※1)が開催されました。今年で20回目となるサマーキャンプには全国から中・高校生55名が参加し、会津大生が務めるインストラクターの指導の下、3つのコー ス(Cプログラミング基礎、Javaゲームプログラミング、3DCG)に分かれてプログラミング等について楽しく、熱心に学びました。

 受講生たちは、コンピュータに関する技術を学ぶだけではなく、風光明媚な東山温泉での宿泊課外活動等を通して、様々な経験をしました。受講生たちは、各自が高い目的意識を持ち、真剣にコンピュータ技術の習得に取り組みました。そうした熱意が実ったのか、受講生たちは最終日には高いスキルを身に着けることができました。同じ興味を持つ受講生同士や、会津大生のインストラクターとの交流は、受講生たちにとって貴重な経験となりました。

 詳しい活動内容につきましては、会津コンピュータサイエンススクール実行委員会の公式サイトとFacebook(※2)をご覧ください。

cssc201601.jpg cssc201602.jpg
受講の様子

cssc201604.jpg cssc201603.jpg
食事の様子

cssc201600.jpg

※1 コンピュータサイエンスサマーキャンプ会津大学2016:コンピュータサイエンスサマーキャンプは、全国の中・高校生を対象とした、日本有数のコンピュータ専門の大学である会津大学で、ゲームプログラミングや3DCGなどのコンピュータサイエンスを楽しく学べるサマーキャンプです
※2 会津コンピュータサイエンススクール実行委員会の公式サイト、およびFacebook
リンク:実行委員会公式サイト
リンク:Facebook

このページの内容に関するお問い合わせは「企画連携課 計画広報係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-planpr@u-aizu.ac.jp

関連記事