2017年8月21日(月)から24日(木)まで、「コンピュータサイエンスサマーキャンプ会津大学2017」(※1)が開催されました。今年で21回目となるサマーキャンプには全国から中・高校生59名が参加し、会津大生が務めるインストラクターの指導の下、3つのコース(Cプログラミング基礎、Javaゲームプログラミング、3DCG)に分かれてプログラミング等について楽しく、熱心に学びました。

受講生たちは、コンピュータに関する技術を学ぶだけではなく、風光明媚な芦ノ牧温泉での宿泊課外活動等を通して、様々な経験をしました。また、今年は香港からの受講生10名が参加し、お互いにとって貴重な国際交流の機会となりました。各自が高い目的意識を持ってコンピュータ技術の習得に取り組み、最終日には各コースで成果を発表したり、4日間を通して学んだことを確認しました。同じ興味を持つ受講生同士や、会津大生のインストラクターとの交流は、忘れられない思い出となったことでしょう。

詳しい活動内容につきましては、会津コンピュータサイエンススクール実行委員会の公式サイトとFacebook(※2)をご覧ください。

cssc201701.jpg
Cプログラミング基礎コース
cssc201702.jpg
Javaゲームプログラミングコース

 

cssc201703.jpg
3DCGコース
cssc201704.jpg
香港学生

 

cssc201700.jpg

 

  • ※1 コンピュータサイエンスサマーキャンプ会津大学2017:コンピュータサイエンスサマーキャンプは、全国の中・高校生を対象とした、日本有数のコンピュータ専門の大学である会津大学で、ゲームプログラミングや3DCGなどのコンピュータサイエンスを楽しく学べるサマーキャンプです。
  • ※2 会津コンピュータサイエンススクール実行委員会の公式サイト、およびFacebook
    リンク:実行委員会公式サイト
    リンク:Facebook

関連記事