2015年10月24日(土)、31日(土)の両日、会津高校1、2学年を対象とした「会津大学講座」が開催されました。

 この講座は、毎年会津大学と会津高校が共催し行っている行事です。様々な大学・学部の研究内容の一端に触れる機会を通して、学問研究への興味関心と将来の進路意欲を高め、大学で学ぶ意味を考えることを目的としています。

 今回の講師は会津大学からの2名の他、宇都宮大学1名、茨城大学1名、東北大学1名、新潟大学6名、福島大学2名、福島県立医大1名、山形大学4名の16名を合わせ、計18名でした。語学、工学、文学、教育学、法学、経済学、理学、医学、農学等の多彩な講義の中から、各生徒は2つの講義を選択して受講します。会津大学から講師として参加したイアン・ウィルソン教授(※1)は英語の発音について、出村裕英上級准教授(※2)は小惑星探査機「はやぶさ2」について講義を行いました。

aizudaikouza201501.jpg aizudaikouza201502.jpg

※1 イアン・ウィルソン教授
※2 出村裕英上級准教授

このページの内容に関するお問い合わせは「企画連携課 計画広報係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-planpr@u-aizu.ac.jp

関連記事