2016年3月4日(金)、会津大学産学イノベーションセンター3Dシアターで、「RTミドルウェア講習会」が行われました。

 この講習は、本学の強みであるICTを活用したロボット開発の技術支援、会津ITバレーとロボットバレーの連携による福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想実現への貢献を目的とした、「会津大学ロボットバレー創出推進事業」の一環として行われ、会津大生や社会人20名が参加しました。

 講習会は、RTミドルウェアやRTコンポーネントの概念、作成方法、各種ツールの使い方を解説するとともに、実際にRTコンポーネントを作成し、移動ロボットKOBUKIや教育用レゴロボットEV3を動作させてRTミドルウェアの使い方を学ぶ実習形式で行われました。

 会津大学でのRTミドルウェア講習会の開催は今回で2回目です。 前回は産業技術総合研究所に講師を依頼しましたが、今回は講師も含めて会津大学と福島県内の企業だけで運営され、先端ICTラボのクラウド上のソフトウェアライブラリを使って行われました。

 参加者は、自分のプログラムどおりにロボットが動作する様子に感激していました。

IMG_0316mini.jpg IMG_0315mini.jpg

IMG_0320mini.jpg IMG_0321mini.jpg

このページの内容に関するお問い合わせは「企画連携課 計画広報係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-planpr@u-aizu.ac.jp

関連記事