会津大生のZhenni Liさん(博士後期課程3年)の論文"Dictionary Learning with L1/2 regularizer for Sparsity Based on Proximal Operator"が、iCAST2015(※1)において最優秀学生論文賞に選ばれました。この賞はiCAST2015において優秀な研究発表を行った学生に対して授与されます。

受賞者のコメント:学生生活の最後に、iCAST2015から最優秀学生賞を受賞できたことを、大変な名誉に思います。 私の学生時代の集大成となる、最も重要な賞です。私に多くの支援と助言を下さった丁数学教授に感謝を申し上げます。また同時に私の同僚である李さんにも感謝します。私の学生としての生活は終わりに近づいていますが、私の新たな研究のキャリアにとっては新たなスタートにすぎません。私は自分の知識やスキルを向上させるために、今後もたゆまぬ努力を続けてゆきます。

指導教官である丁数学教授(※2)によるコメント:この度は受賞おめでとうございます。これは彼女自身、そして彼女の素晴らしい研究成果にとって、本当に良いニュースです。彼女はここ数年、今回の論文主題に関する研究成果を丹念に積み上げてきました。この論文で扱った主題は、将来の応用可能性が高いとされている分野です。今回の受賞は、彼女の学生生活の締めくくりにおいて、また研究者として新たなスタートを切るための、重要な成果となるでしょう。

LiZ20151020.jpg

※1 iCAST2015
※2 丁数学教授

このページの内容に関するお問い合わせは「企画連携課 計画広報係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-planpr@u-aizu.ac.jp

関連記事