授業科目区分

本研究科のカリキュラムは、コンピュータ理工学の基礎から応用に至るまでの専門的知識と技術を身につけて、ICT産業に関わる実用的な問題を解決し、およびその対象である"情報"の構造と機能について研究するために、博士前期課程においては、下記1~5のとおりの授業科目が設けられている。
博士後期課程においては、授業科目は置かず、各年次を通じて学位論文の作成等に対する指導を受けることになる。

1. 専門科目

各教育研究領域の目標に基づき、より高度でかつ最先端の内容を含む多様な専門科目が配置されている。
履修に当たっては、各自の研究目標や将来の志望を考慮しつつ、自らの研究の幅を広げるとの視点から、特定分野にかたよらないバランスのとれた科目選択を行うことが望ましい。
なお、専門科目は、コンピュータ・情報システム学専攻に所属する者は課程修了までに16単位以上、情報技術・プロジェクトマネジメント専攻に所属する者は22単位以上を修得しなければならない。このうち、原則として8単位以上は、所属する教育研究領域のコア科目の中から選択することが必要とされる。なお、原則として学生は、自らの指導教員の教育研究領域に所属することとなる。

履修科目については、履修案内G.S.コースマップ [※学内アクセスのみ]を参考に履修の計画を立てる。学部カリキュラムのフィールドに合わせて設計されているため、学部から一貫してコースプランを立てることが可能となり、より体系的に専門性を身につけていくことができる。

2. セミナー科目

本研究科では、主体的かつ能動的な学習を通して、より高度な知識と創造力、優れた問題発見・解決の能力を養うことが求められる。 各自の自主的な学習をより複眼的に検証し、専門分野を超えた広い視野に立った学習の場としてセミナー科目が配置されている。

コンピュータ・情報システム学専攻
コンピュータ・情報システム学専攻に所属する者は、研究セミナーI、研究セミナーIIの2科目4単位を必修とし、創造工房セミナーのうちの1科目2単位、研究進捗セミナー2単位、外部発表セミナー2単位、投稿論文執筆セミナー2単位及び理系のためのプレゼンテーションセミナー2単位の中から4単位以上を履修し、合計8単位以上を修得しなければならない。
在学期間短縮資格が認定された場合又は協定等により本大学院の標準在学期間が2年未満である場合は、通年科目である研究セミナーI、研究セミナーIIの履修登録をそれぞれ特別研究セミナーI、特別研究セミナーIIへ変更登録することができる。 デュアルディグリープログラム対象学生は、2年次在籍の学生でも、特別研究セミナーIの4単位を必修とする。 ただし、在学期間を短縮して修了できなかった場合には、特別研究セミナーI、特別研究セミナーIIの履修を取り消し、それぞれ研究セミナーI、研究セミナーIIへ登録を戻すものとする。 1年次に在学期間短縮を申請し「優れた業績」を証する書面を期日までに提出できなかった者で、更に半年後の修了を目指す場合には、あらためて在学期間短縮申請を行うものとする。それ以外の者については、通年科目である研究セミナーIIの履修登録を行うものとする。
コンピュータ・情報システム学専攻におけるセミナー科目について
情報技術・プロジェクトマネジメント専攻
情報技術・プロジェクトマネジメント専攻に所属する者は、研究セミナー・カンファレンス3単位及びTeaセミナー・コンテスト2単位の合計5単位を必修と し、創造工房セミナーうちの1科目2単位、投稿論文執筆セミナー2単位及び教育セミナー3単位の中から3単位以上を履修し、合計8単位以上を修得しなけれ ばならない。IT業界での実務経験により在学期間短縮資格が認定された場合は、「教育セミナー」、「研究セミナー・カンファレンス」及び「Teaセミ ナー・コンテスト」の履修期間の短縮を認める。
情報技術・プロジェクトマネジメント専攻におけるセミナー科目について

3. 研究科目

コンピュータ・情報システム学専攻に所属する者は必修単位で、研究指導教員による学位論文の作成等に対する指導を受けて修得することになる。

4. ソフトウェア開発アリーナ

情報技術・プロジェクトマネジメント専攻に所属する者は、ソフトウェア開発アリーナI~IV20単位を修得しなければならない。

    

5. コンバージョン科目

コンピュータ理工学関連学科の基幹的な分野に相当する。
コンピュータ理工学以外の分野から入学する者などで、本研究科入学前にコンバージョン科目に相当する科目が未履修の場合は、なるべく1年次のうちに、その未履修の科目に相当するコンバージョン科目を全て履修することが望ましい。この場合でも、コンバージョン科目の単位は修了要件の専門科目単位数に含まれない。
コンバージョン科目は、指導教員の指導に従って履修することが必要とされる。

履修方法等

1. 博士前期課程(コンピュータ・情報システム学専攻)

  • 本研究科では、4学期制を採用している。専門科目は、学期ごとに単位認定が行われることから、短期間に密度の濃い学習が求められる。
  • 研究室への配置は、入学後直ちに所属する教育研究領域に基づき行われ、併せて学生1名について研究指導教員1名が指定される。なお、研究指導教員となること ができる教員は、指定の日から定年退職日となるまでの期間が、原則として2年以上あり、かつ常勤の博士課程担当教員に限る。また、学生は原則として、研究指導教員の教育研究領域に所属することとなる。
  • 博士前期課程では、指導教員として、研究指導教員とカリキュラム指導教員を定めている。
    研究指導教員は、学位論文の研究課題が明確な学生に対して、1年次には主に授業科目の履修に関する指導・助言に当たり、2年次には主に学位論文の作成等に対する指導を行う。
    カリキュラム指導教員は、前述以外の学生に対して、1年次のみ授業科目の履修に関する指導・助言を行う。カリキュラム指導教員が指定された場合にも、1年次の最終学期の開始前までには研究指導教員が指定される。
  • 履修科目の届出は、本学大学院履修規程第5条及び第6条に留意して、本学学務システムを用いて各自で入力する。なお、履修削除については、学期開始から2週間(授業日10日間)とする。また、集中講義については開講初日までを削除期限とする。
    <履修削除方法 >
    - タイトル:「大学院履修削除---(コースコード)」
    - 学籍番号
    - 氏名
    - コースのコードとタイトル
    を記載の上、期日までにメールで受け付ける。(sad-aas@u-aizu.ac.jp)
    (平成28年4月1日より適用)
  • 授業科目の修得単位は、必修の研究科目1科目6単位、専門科目から16単位以上、セミナー科目から8単位以上の計30単位以上を修得しなければならない。
  • 博士前期課程を修了するためには、2年以上在学して当該期間中に30単位以上を修得しなければならない。なお、博士前期課程には、6年を超えて在学することができない。
    ただし、在学期間に関しては、優れた業績を上げた者と研究科委員会が認めた場合には、1年以上在学すれば足りるものとする。
  • 博士前期課程の修了要件を満たす見込みがつき、学位論文の審査を受けようとする者は、その題目を研究指導教員の承認を得て研究科長に提出するとともに、論文審査の申請を行わなければならない。
    また、学位論文は、研究指導教員の承認を得て、所定の期日までに学長に提出しなければならない。
  • 履修科目の年間登録上限は設けない。また、学長が教育上有益と認めるときは、他の大学院との協議に基づき、学生が当該他の大学院において履修した授業科目について修得した単位を、委員会の議を経て、10単位を超えない範囲で、博士前期課程における授業科目の履修により修得したものとみなす。

2. 博士前期課程(情報技術・プロジェクトマネジメント専攻)

  • 本研究科では、4学期制を採用している。専門科目は、学期ごとに単位認定が行われることから、短期間に密度の濃い学習が求められる。
  • 入学後に、まずプロジェクトチームの編成を行い、3~4名が1つのチームとなり同じプロジェクトを選択する。学生が選択したプロジェクトを担当する教員が指導教員として指定される。なお、研究指導教員となることができる教員は、指定の日から定年退職日となるまでの期間が、原則として2年以上あり、かつ常勤の 博士課程担当教員に限る。
  • 履修科目の届出は、本学大学院履修規程第5条及び第6条に留意して、本学学務システムを用いて各自で入力する。なお、履修削除については、なお、履修削除については、学期開始から2週間(授業日10日間)とする。また、集中講義については開講初日までを削除期限とする。
    <履修削除方法 >
    - タイトル:「大学院履修削除---(コースコード)」
    - 学籍番号
    - 氏名
    - コースのコードとタイトル
    を記載の上、期日までにメールで受け付ける。(sad-aas@u-aizu.ac.jp)
    (平成28年4月1日より適用)
  • 授業科目の修得単位は、専門科目から22単位以上、セミナー科目から8単位以上、ソフトウェア開発アリーナ4科目20単位の計50単位以上を修得しなければならない。
  • 博士前期課程を修了するためには、2年以上在学して当該期間中に50単位以上を修得しなければならない。なお、博士前期課程には、6年を超えて在学することができない。
    ただし、在学期間に関しては、優れた業績を上げた者と研究科委員会が認めた場合には、1年以上在学すれば足りるものとする。IT業界での実務経験により在学 期間短縮資格が認定された場合は、「教育セミナー」、「研究セミナー・カンファレンス」及び「Teaセミナー・コンテスト」の履修期間の短縮を認める。
  • 学生は、特定の課題についての題目を研究指導教員の承認を得て研究科長に提出しなければならない。
    また、特定の課題についての研究成果は、研究指導教員の承認を得て、所定の期日までに学長に提出しなければならない。
  • 履修科目の年間登録上限は設けない。また、学長が教育上有益と認めるときは、他の大学院との協議に基づき、学生が当該他の大学院において履修した授業科目に ついて修得した単位を、委員会の議を経て、10単位を超えない範囲で、博士前期課程における授業科目の履修により修得したものとみなす。

3. 博士後期課程

  • 学生には、1名ごとに研究指導教員1名と必要に応じて副研究指導教員1名が定められる。
    なお、研究指導教員となることができる教員は、研究指導教員となる時点で定年退職日となるまでの期間が、原則として3年以上ある常勤の博士マル合教員に限る。また、学生は原則として在学期間中は指導教員を変更することはできない。
  • 学生は、指導教員から、各年次を通じて学位論文の作成等に対する指導を受けることになる。
    研究指導は「特別研究」と「特別セミナー」に分けられ、「特別研究」は、研究テーマを定め、研究計画を立案して実施する。「特別セミナー」は、指導教員の指導により、研究に関する論文等の学習計画を定めて行われる。
    なお、研究指導の一形態として、企業等において研究を行う「特別研修プログラム」、また複数指導体制の仮想ラボラトリー「創造工房」がある。
  • 学生は、入学当初に、研究テーマ、特別研究計画、特別セミナー学習計画を登録する。
  • 博士後期課程2年次において、学生は、進捗状況発表会を開催し、一年間の学習状況及び研究状況等を報告しなければならない。進捗状況発表会は、学生が主催するものとする。
  • 博士後期課程の学位論文(博士論文)の審査を受けようとする者は、その題目を指導教員の承認を得て、研究科長に提出するとともに、論文審査の申請をする。
    審査に合格した学位論文は指導教員の承認を得て、所定の期日までに学長に提出する。
    博士後期課程学生指導の進め方 [※学内アクセスのみ]

教職課程

1. 免許状の種類

中学校教諭専修免許状 (数学)
高等学校教諭専修免許状 (数学)
高等学校教諭専修免許状 (情報)

2. 専修免許状取得要件

  • 該当する免許状の種類の一種免許状取得に必要な単位を修得していること。
  • 「教科又は教職に関する科目」を24単位以上修得すること。
  • 修士の学位を有すること。

3. 履修科目

専修免許状を取得するには、「教科又は教職に関する科目」を所定の単位数修得する必要がある。
なお、履修科目については、会津大学大学院履修規定別表3を参照のこと。

中学校専修高等学校専修
教科又は教職に関する科目 24 24

本学大学院では「教職に関する科目」を開講していないので、「教科に関する科目」を24単位以上修得すること。
ただし、博士前期課程で修得する「教科に関する科目」の教科については、一種免許状の免許教科と同じでなければならない。

このページの内容に関するお問い合わせは「学生課 教務係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
sad-aas@u-aizu.ac.jp