日時
2018年09月22日(土) 14:00 〜 17:00
会場
講堂
対象者
一般

一般演題 14:30~15:40

                    座長:会津中央病院 外科 島貫 公義 先生

<14:30~14:58 病棟・在宅・地域のNST>

1)「低栄養予防啓発の取り組み(第1報)」

  福島県立医科大学会津医療センター附属病院 栄養管理部 小林 明子 先生

2)「NSTにおける栄養指導と病院食のレベルアップを試みて~アンケート調査結果より~」

  会津中央病院 栄養科 星 直子 先生

3)「多職種早期介入により術後低栄養を予防できた症例」              

  大原綜合病院 栄養科 吉村 理恵 先生

4)「NST介入患者における適切な栄養評価方法は?~GNRI、PNI-O、CONUTの比較~」

  ときわ会常磐病院 臨床検査科 吉田 ちひろ 先生

<14:58~15:05 症例報告>            

5)「十二指腸穿孔後に後腹膜膿瘍を併発し経腸栄養が有効であった一例」

  福島県立医科大学会津医療センター附属病院 外科学講座 遠藤 浩太郎 先生

                   座長:会津中央病院 歯科麻酔科 大溝 裕史 先生

<15:05~15:19 下痢と半固形流動食>

6)「半固形状流動食を用いて下痢症状の改善を認めた事例」  

  福島県立医科大学附属病院 栄養管理部 田口 遼 先生

7)「栄養剤の変更により下痢を抑制し経管栄養を継続しつつ経口摂取へ移行できた上顎癌の一症例

  ~マーメッドの使用経験~」

  総合南東北病院 言語聴覚士 森 隆志 先生

<15:19~15:40 嚥下に関する症例報告>

8)「原疾患の特定から嚥下機能障害が早期に改善した症例」         

  白河厚生病院 言語聴覚士 根本 竜也 先生

9)「術後、嚥下障害が出現した患者にNST委員と協働して嚥下訓練を進めた一例」

  福島県立医科大学会津医療センター附属病院 患者支援センター 鈴木 明美 先生

10)「嚥下造影検査の新たなスコアリング評価法からみた、経口摂取、肺炎発症、死亡の検討」

  ときわ会常磐病院 外科 神崎 憲雄 先生

特別講演 15:50~16:50

                    座長:会津中央病院 歯科口腔外科部長 宮島 久 先生

「"食べやすさ"を口腔・咽頭の機能から評価する」

 新潟大学大学院 医歯学総合研究科 包括歯科補綴学分野 教授 小野 高裕 先生

 NSTフォーラム プログラム

このページの内容に関するお問い合わせは「総務予算課 総務係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-general@u-aizu.ac.jp