2017年01月20日

平成29年1月19日(木)に会津大学において「課プロ:理工系学生のための地域イノベーション」の成果報告会が開催されました。このイベントは授業で取り組んだことを、地域住民の方々、高校生及び大学生が会津の歴史や文化の学びを通じて世代や国籍が異なる人々と交流を図ることを目的としたものです。会津大学からは留学生を含め15人が参加しました。

 イベントは、会津の歴史と文化についての講義から始まり、参加者は真剣な眼差しで熱心に耳を傾けているようでした。質疑応答では、講師と参加者が交流するような和やかな雰囲気で行われました。その後は、「古地図・古写真・絵画でたどる懐かしの会津」展に移動し、参加者は会津の歴史に関連する展示物を鑑賞しました。そして、その展示物から自身のお気に入りを選び、それについて参加者同士で話し合うといったグループワークも行われました。

 イベントのアンケートを集計した結果、「学生さんとの交流が新鮮でよかった。最初は場違いだと思ったが楽しかった。」や「会津大学で、市民と学生が一緒に学ぶことのできる文系の講座があるのには驚いた」といった好意的な意見や感想が多くあり、学生と市民を結び付ける新しい交流の場として期待されているようでした。今後も国際戦略室はこのような活動を積極的に企画し、学生の異文化交流を促進していきます。