人文・社会

菊地 則行 教授
菊地 則行 教授

会津大学には、学問・科学に対する基本的な考え方・方法論を修得し、豊かな人間性を養っていくとともに、コンピュータサイエンスの背景や周辺分野に対する理解を広げることを目的として、人文・社会に関する科目が多数用意されています。哲学、心理学、文学、法学、社会学、科学史など、現在15科目がそろっています。
学生はこれらの科目のうち最低4科目を修得しなければなりませんが、さらに多くの科目を履修し、視野を広げてほしいと期待しています。
私は、多数ある人文・社会科目のうち、哲学概論を担当しています。
漠然と名前だけ聞いたことのある人物が、実は奇妙キテレツな素行の人物だったり、面前にある物体が存在していないと疑うような人が大勢いたり、深く学ぶと楽しいです。

  • 人文・社会科目一覧
  • 哲学
  • 論理学
  • 心理学
  • 言語学
  • 文学
  • 芸術学
  • ジェンダー・セクシャリティ論
  • 文章表現法
  • 法学
  • 経済学
  • 社会学
  • 日本国憲法
  • 国際関係論
  • 保健体育理論
  • 科学史
  • 社会シミュレーション
  • 会津の歴史と文化

体育実技

中澤 謙 上級准教授
中澤 謙 上級准教授

週1回の体育実技科目は、心身を解放し、クラスメイトとフェイス・トゥ・フェイスの直接的なふれあいを持てる機会を提供しています。
身体の機能がピークを迎える若き日に、自らの身体機能の可能性を試し味わうことは、若き日にしかできません。若き日に体躯を養うことで感じ取るべきことは山ほどあります。体育実技によって培われた積極性や協調性、欲求不満耐性といった心身にもたらす成果「生きる力」は、その後のゼミ活動や社会に出てから、多様な形で皆さんを助ける事になると確信しています。
ともすれば座位中心の生活を送りがちなコンピュータ理工学部の学生には必須の科目です。

  • 体育実技科目一覧
  • 体育実技1
  • 体育実技2
  • 体育実技3
  • 体育実技4

英語

Ian Wilson 教授
Ian Wilson 教授

本学の語学研究センターは、次のような分野の研究を行なっていることで世界的に有名です。1)学術的分野と医療やビジネスなどの専門的な分野を目的とした英語 2)教育法と教育工学 3)試験の実施と評価 4)コーパス言語学 5)Eラーニング 6)ユーザビリティ(有用性) 7)音声学 8)英語の地域の方言 9)国際交渉 10)その他、英語の使用とその教育訓練 です。国際的な専門職を目指す意欲的な学生向けに、世界中のコンピュータ理工学係のどの大学が提供するものをしのぐような、高レベル、かつ、研究に基づいた英語教育を行なっています。真の国際派を目指す君たち、待ってるよ!Come join us!!

  • 英語科目一覧
  • Listening and Speaking 1
  • Reading and Writing 1
  • Listening and Speaking 2
  • Reading and Writing 2
  • Intermediate English A
  • English for Active Communication
  • Intermediate English B
  • Thesis Writing and Presentation
  • Advanced English Acquisition
  • Advanced Professional English Applications
  • Advanced English and Technology

このページの内容に関するお問い合わせは「学生課 教務係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
sad-aas@u-aizu.ac.jp

関連記事