インフルエンザかぜ
症状 悪寒、頭痛
発熱(38度以上が3~4日間)
筋肉痛、関節痛、倦怠感
鼻汁・鼻閉(後期より著しい)
鼻汁・鼻閉、咽頭痛
合併症 気管支炎
インフルエンザ肺炎
細菌性肺炎
脳炎、脳症
まれ
原因 インフルエンザウイルスA・B ラノウィルス
コロナウィルス
アデノウィルス
細菌
迅速診断法 あり なし

予防法

Ⅰ.感染経路を絶つ

空気が乾燥すると粘膜の防御機能が低下するため、インフルエンザにかかりやすくなります。

  • 人ごみは避ける
  • 外出時にマスクをする
  • 帰宅時にうがい・手洗いをする
  • 室内の加湿(湿度50~60%)

Ⅱ.抵抗力をつける

  • 十分な栄養摂取と睡眠をとる
  • ストレスを感じても溜めないこと
  • 予防接種を利用する

このページの内容に関するお問い合わせは「学生課 学生支援係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-health-welfare@u-aizu.ac.jp