1. 学会助成制度について

学生が研究成果を学会で発表することを奨励・援助するために、支援団体(会津地域教育・学術振興財団)から助成金が交付されます。

会津地域教育・学術振興財団
助成の内容 • 学会発表に伴う交通費の一部助成(※指導教官の推薦が必要)
対象となる学会 • 海外開催の学会(※査読が条件)
• 国内開催の学会
対象者 • 学部生、大学院生
交付方法 • 一人につき在学中に1回(※学部・院の区別なし)
• 個人の銀行口座に振込
助成額 • 財団が個別に決定する額
 <海外> 30,000円の定額制
 <国内> 地区ごとの定額制(※詳細はこちら
他助成との併願

• 海外開催の学会 他の助成制度との併願
• 国内開催の学会 他の助成制度との併願不可
(※不足分を研究費から補填することも不可です。)

助成対象外の事例 以下の場合には助成を受けることができない。
• 学会出席に要する旅程以外を含む場合
備考 ※交付額の積算が、財団の年度予算枠に達した場合には、年度途中で助成制度を終了します。

2. 申請手続きについて

下記の点に留意し、作成例に従って申請書類を作成のうえ、企画連携課に提出してください(※締切厳守)。
※提出書類の詳細は「作成例」ファイルを参照してください。

会津地域教育・学術振興財団
申請期限
• 学会出発日の6週間前
申請書類 (1) 申請書
(2) 学会や研究等の内容をまとめた説明書
(3) 指導教官の推薦文
(4) 学会の概要(学会HP、プログラム等)
(5) 発表受理書(Acceptance Letter/Email)
(6) 発表論文の要旨(A4用紙1枚にまとめたもの)
(7) 発表論文の全文
(8) 本人名義の通帳のコピー
海外用書式 申請書 Word PDF 作成例 PDF
国内用書式 申請書 Word PDF 作成例 PDF
審査結果 • 申請後、約4~5週間で決定通知
注意事項 ※英語の資料には、全て日本語訳を添付すること
※修正液の使用不可

3. 学会終了後の手続きについて(報告書の提出)

学会参加後は、実績報告書の提出が義務付けられています。下記の要領に従って企画連携課に提出してください(※締切厳守)。
※提出書類の詳細は「作成例」ファイルを参照してください。

会津地域教育・学術振興財団
報告期限 • 学会終了後1ヶ月以内
報告書類 (1) 報告書
(2) 学会参加の成果が分かる説明書
(3) 発表時の写真
(4) 当日の配付資料等
海外用書式 報告書 Word PDF 作成例 PDF
国内用書式 報告書 Word PDF 作成例 PDF
備考 ※後日、財団の報告会で報告発表をお願いする場合がございます。

問合せ先

事務局 企画連携課 連携支援係

場所 管理棟1階
窓口時間 午前 8:30~12:00 / 午後 1:00~5:15
TEL 0242-37-2511 (内線:2112)
E-mail cl-innov@u-aizu.ac.jp

このページの内容に関するお問い合わせは「企画連携課 連携支援係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-innov@u-aizu.ac.jp

関連記事